コロナ被災者居住支援事業とは

コロナ被災者居住支援事業とは,新型コロナウィルスという災害によって住まいを失った方や住まいの確保に困難を抱える方への支援を行う事業です。鹿児島県内においてもコロナ被災者が急増している事態を受けて,さらに充実した居住支援を行う必要があると考え,鹿児島県知事指定の居住支援法人であるNPO法人やどかりサポート鹿児島と社会福祉法人南恵会が協働して本事業をはじめることになりました。

本事業においては,急増するであろう「コロナ被災者」等,住まいを失う方,住まいの確保に困難を抱える方のためにゴールデンウイーク・土日を含む毎日,フリーダイヤルによる相談を実施します。

また,さまざまな方々からの「支えあい」を募集し,協働することによって,コロナ災害をともに乗り越え打ち克つことを目指します。

相談方法

このサイトの「相談する」のページから相談することができます。

また,電話やメールによる相談も受け付けています。

フリーダイヤルによる相談         電話番号:0120-700-997

​          (このフリーダイヤルは鹿児島県内からの発信のみつながります)

                                            受付時間:5月2日~ 10:00~12:00及び13:00~16:00

                                             (土日祝日を含む毎日)

メールによる相談                    info@npo-yadokari.jp

※フリーダイヤルによる相談は,コロナ災害を受けて,当面の間行うものです。

※フリーダイヤルは鹿児島県内からの発信に限って受け付けられます。

 その他の地域からのご相談は099-800-4842または0997-82-1122におかけください。

※通常は平日のみの受付です。土日祝日の受付は,コロナ災害を受けて,当面の間行うものです。

あなたの「支えあい」を募集します

コロナ被災者の方々が,新たな住まいで新たな生活を始めるためにはさまざまな「支えあい」が必要です。それは目に見えるものであったり,目に見えないものであったり。

このサイトの「支えあう」からあなたの提供できる「支えあい」を登録することができます。

わたしたちは,個人・法人問わず多くの方々のさまざまなサポートにより「支えあいの輪」を作り出し,さまざまな方々と協働することで,コロナ被災者の方々を支援し,コロナ災害を乗り越え打ち克つことを目指します。

みなさまのご支援・ご協力をよろしくお願い申し上げます。

支えあいの輪を未来に

われわれ居住支援法人は,居住支援をとおしてコロナ被災者の方々を支え,ひとりのホームレス生活者も生み出すことなく,この新型コロナウィルスがもたらした災害を乗り越え打ち克つことを目指します。

しかし,本当の意味でこの艱難に打ち克つのは,支援を提供するわれわれではなく,住まいを失う等ほんとうに厳しい苦難を自ら経験した人たち,その人自身であると考えます。平時より,われわれ居住支援法人は,「当事者主体の居住支援」の実現を目指していますが,今般の新型コロナウィルスがもたらした危機に臨んで,より「本人中心」「当事者主体」という思いを強くします。危機の中でつらい経験を共有した当事者の方々が,中心になって,お互いに「支えあい」,その先にある新たなステージ,コロナ災害に打ち克った先にあるもっと豊かな社会を創造する主人公となる。単に「家」を提供するだけでなく,「家」をとおして困難に陥った方々が自らの足で自ら再起し,支えられるだけでなく社会を支える存在になる,そんなひとり一人のストーリーに寄り添う。それが「コロナ被災者居住支援事業」の目標です。

主催団体:NPO法人やどかりサポート鹿児島

     社会福祉法人南恵会

問い合わせ:〒890-0056

      鹿児島県鹿児島市下荒田4丁目11番12号しのびビル下荒田201

​      NPO法人やどかりサポート鹿児島

      Tel:099-800-4842 Fax:099-800-4845

      Mail Address:info@npo-yadokari.jp

「コロナ被災者居住支援事業」及び本ウェブサイトをとおして得られた個人情報については,NPO法人やどかりサポート鹿児島個人情報保護規定及び社会福祉法人南恵会個人情報保護規定に基づいて取り扱います。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now